EXCELニュース

[EXCEL]エクセルで「令和」がいまだに表示できない!

2010以降のエクセルで「自動更新」が設定されていれば、すでに「令和」は表示されるはずなのですが、いまだに「令和が表示されない!」といった利用者がたくさんおられます。

エクセル上で新元号を表示・運用するためには「Office更新プログラム」をインストールする必要がありますが、EXCEL屋へご相談いただいた事例から、「自動更新を再設定」したら更新できた、等の事例もあります。

そこでもういちど「Office更新を再設定する方法」「Office更新プログラム」をインストールする方法、「今使っているエクセルは改元に対応できるのか?」、「新年号が表示できない場合の対策」について解説いたします。

Officeを再設定する方法

自動更新に設定されているのに更新されない場合は、いったん「更新を無効」にしてから再設定すると回復する場合があります。Office2013の場合、再設定で更新できたという事例があります。

Office自動更新を再設定

「ファイル」「アカウント」「製品情報」「更新オプション」に続いて「更新を無効にする(D)」でいったん無効に設定したあと、あらためて「自動更新」の設定を行い「更新を有効」にします。

自動更新を再設定しても効果がない

再設定しても依然「令和」が表示されない場合は、Officeを再インストールを試してみてください。言うまでもありませんが、再インストールの前には正規のインストール媒体とプロダクトキーを必ず確認の上行ってください。

Office更新プログラムのインストール方法

更新プログラムが配布されたら早速インストールしましょう。Officeのバージョン別にインストール方法を解説いたします。

Office2010

①「ファイル」タブの「ヘルプ」をクリックします。

②「更新プログラムのチェック」をクリックします。

Office2013

①「ファイル」「アカウント」「製品情報」「更新オプション」の順に選択します。

②「更新を有効にする」を選択します。

Office2016以降

①「ファイル」タブ「アカウント」「更新オプション」をクリックします。

②「今すぐ更新」をクリックします。

その他のバージョン

Office2007以前のバージョンはサポートが終了しているため、更新プログラムの配布はありません。下の「新年号が表示できない場合の対策」を参考に、西暦表示に変更しておきましょう。

エクセルのバージョン確認

使っているEXCELがサポート期間内なのかどうか?確認方法

①「ファイル」タブをクリックします。

②「アカウント」をクリックします。

オフィス製品の名称です。

④念のため「完全なバージョン番号」が表示されています。

Officeのサポート期間

Office2007=終了

Office2010=2020年

Office2013=2023年

Office2016=2025年

サポート期間と最新バージョン

 

新年号が表示できない場合の対策

Office2007以前の場合は、新元号が表示できない場合に備えて、あらかじめ和暦を西暦に変更しておきましょう。

①和暦から西暦に変更したいセルを選択します。

②[Ctrl]+[1]等でセルの書式設定を出して「ユーザー定義」を選択します。

③「種類(T)」ボックスへ「yyyy”年”m”月”d”日”」と入力または選択します。

④「OK」で完了。

新元号を表示する方法

新年号を表示したい場合は「和暦」を設定しておきましょう。

①和暦に変更したいセルを選択します。

②[Ctrl]+[1]等でセルの書式設定を出して「ユーザー定義」を選択します。

③「種類(T)」ボックスへ「ggge”年”m”月”d”日”」と入力または選択します。

④「OK」で完了。

EXCEL屋 無料活用術その1

働き方改革の名の元、業務時間の短縮を指示されるのに、現場からの無理難題は増える一方!もう投げ出したい(泣)、、、そうなる前に【EXCEL屋】で検索!
まずはコチラをブックマーク

EXCEL屋 無料活用術その2

業務現場で「本当に」役立つEXCEL活用術をメールでお届けします。もちろん無料!
登録はコチラ

EXCEL屋 無料活用術その3

検索したり、いろいろ頑張ったけど、どうしても解決できない問題を【EXCEL屋】が解決します。「成功事例」として記事化OKの場合は「解決料無料!」
コチラから課題をお知らせください