EXCELの集計テクニック

[EXCEL] 平均値を出すボタンの作り方(動画あり)

スポンサーリンク




大量のエクセルのデータを絞り込むには「オートフィルター」ボタンは大変便利ですが、SUBTOTAL関数と組み合わせて使うと、合計値や平均値など絞り込む度に自動計算ができるため、さらに便利になります。

オートフィルターボタン作成と、SUBTOTAL関数の設定方法について解説いたします。

↓ 簡単動画からご覧ください。


ポイント解説動画

エクセル屋の解説動画は毎日増えています。「知ってるんだけど確認したい」時に便利なよう、ほとんどが1分以内でナレーション無し-まわりに気兼ねなく何度でもくり返し確認できます。下のボタンからチャンネル登録をお願いいたします。

EXCEL屋動画チャンネル


スポンサーリンク




オートフィルターボタンを作成する

見出しのタイトルと、データに整理されている「表」であれば、簡単にフィルターボタンを付けることができます。

①表内のの任意のセルを選択して

②「データ」タブ、「フィルター」ボタンをクリックします。

1行目の見出しの各セルにフィルターボタンが付きました。

ボタンを押すと、メニューにより様々な絞り込みが可能です。

SUBTOTAL関数の設定

任意の絞り込みをした状態でオートSUMを設定すると、フィルターと連動したSUBTOTAL関数が設定できます。

絞込み合計

①フィルターで絞り込んだ状態で「合計」を表示させるセルを選択しておき

②「数式」タブ「オートSUM」ボタンをクリックすると、SUBTOTAL関数が設定されます。

絞込み列を変えてみると、絞込み結果の合計を計算していることがわかります。

絞込み平均

SUBTOTAL(集計方法,参照)

集計方法を変更することで合計以外の集計が可能です。

①フィルターで絞り込んだ状態で「平均」を表示させるセルを選択しておき

②「数式」タブ「オートSUM」ボタンをクリックすると、SUBTOTAL関数が設定されますので、ここで集計方法を 1 に変更します。

科目=国語 を選択すると、全データのうち国語の平均値を算出します。

生徒=C を選択すると、全データのうちCさんの平均値を算出します。

スポンサーリンク



スポンサーリンク