業務に役立つVBA

[EXCEL]VBEの名称と役割り

VBE(Visual Basic Editor)というEXCELに付属しているメニューには、5つのエリアにそれぞれ名称が付けられています。

エクセルVBAは、このVBEというシンプルな画面でエクセルのすべてをコントロールし、自動化します。名称と役割りについて、今のところはざっと理解しておく事でもVBEの理解を深めるはずです。

VBEの名称と役割り

5つの名称

①メニューバー  ②ツールバー

③コードウィンドウ  ④プロパティウィンドウ  ⑤プロジェクトエクスプローラ―

①メニューバー

VBEの機能がメニューにまとめられています。「挿入」「標準モジュール」は多用します。

②ツールバー

よく使う機能がボタンで表示されています。▶「実行」■「停止」など多用します。

③コードウィンドウ

モジュールごとにウィンドウを切り替えてコードを記述します。モジュールの切替えは「プロジェクトエクスプローラー」で表示するモジュールをダブルクリックします。

④プロパティウィンドウ

選択中のモジュールや、オブジェクト(各シート等)のプロパティ一覧が表示され、初期設定などができます。

⑤プロジェクトエクスプローラ―

実行単位であるモジュールやシートなどオブジェクトを下層に持つ親フォルダ―のような階層構造を「プロジェクト」と呼んでおり、エクスプローラーで表示、切り替えできます。