うんざり依頼に効く

[EXCEL] 課長が使えるリボンだけに整理してあげる方法(動画あり)

「EXCELはメニューだらけでわけがわからん!」という声が聞こえてくるオフィスがあります。

EXCELが使えるスタッフにとってリボンメニューは「宝の山」でも、完成したファイルを受け取って「見るだけ」のこの上司には「邪魔な」存在に見えるのでしょう。

スキル向上の余地があるなら今は邪魔に見えていても、徐々に「価値」を見直すことになるのですが、もし見込みのない方なら使えるリボンメニューだけに「整理」してあげることでオフィス全体の「効率化」につながるかもしれません。

スポンサーリンク




カスタマイズ前リボンの保存

リボンメニューをカスタマイズする前に、今使っているリボンを「保存」しておき、いつでも元に戻せるようにしておきましょう。

リボンのユーザー設定メニュー

「ファイル」「オプション」「リボンのユーザー設定」でも出せますが、リボンの「余白」部分を「右クリック」しても簡単に出せます。

①リボンの「余白」部分を「右クリック」して「リボンの設定メニュー」を出します。

②「リボンのユーザー設定」をクリックします。

リボンの設定を保存

①「インポート/エクスポート」ボタンをクリックします。

②「すべてのユーザー設定をエクスポート」を選択「OK」します。

名前を付けて保存

「保存」ダイアログからファイル名を入力、「保存」します。

配布用リボンのカスタマイズ

「自分用」は保存したので、「課長用」等、配布用のリボンを作成しましょう。

①「メインタブ」を選択します。

②タブ名の左横 □ のチェックを外すと「タブ」と、配下の「グループ」は非表示となります。

グループ単位で削除

①「タブ」左端の「+」で「グループ」を表示し、削除するグループを選択します。

②「削除」ボタンで削除します。

③最後に「OK」でカスタマイズ作業が確定します。

カスタマイズ完了

「表示」タブ「ズーム」以外は使わない課長さん用の、少々極端な例です。

カスタマイズしたリボンの保存・読込み

①「リボンのユーザー設定メニュー」から「インポート/エクスポート」「すべてのユーザー設定をエクスポート」を選択「OK」します。

②ファイル名を入力して「保存」します。

「読込み」は「インポート/エクスポート」「すべてのユーザー設定をインポート」を選択、ファイルを選択して「開く」をクリックします。

利用者側に、この「読込み」作業さえやってもらえれば、「不要な?」リボンメニューが消去できるわけです。


ポイント解説動画

エクセル屋の解説動画は毎日増えています。「知ってるんだけど確認したい」時に便利なよう、ほとんどが1分以内でナレーション無し-何度でもくり返し確認できます。下のボタンからチャンネル登録をお願いいたします。


スポンサーリンク