EXCEL消費税増税・軽減税率対応

[EXCEL]税込価格と本体価格計算は切捨て?切上げ?四捨五入?

消費税計算、税込価格の算出、税込価格から「税抜き価格=本体価格」を逆算する場合にもエクセルは社内の隅々まで使われているものと思います。

通貨は1円以上であり、税率は%(パーセント=小数)である以上端数が出ます。

端数が出れば支払いのために「端数処理」が必要になります。端数処理には「切捨て」「切上げ」「四捨五入」がありますが、法律で義務付けられている「税込表示価格」はいずれの方法で端数処理しても良い、とされています。

これを良いことに厳格な決め事がないまま運用していると、気付かぬ間に間違った処理が定着してしまうこともあります。10月から改定される予定の新消費税は10%で、誤差が出てもたかが1円単位と軽く見えるかも知れませんが、たった1円の扱いで信用を損なうことにもつながり兼ねません。

税金は安いに越したことはないと「切捨て」一辺倒としてみたり、エクセルの表示形式に任せて成るがまま「四捨五入」にしたり等々、作成者次第、その時任せになっていませんか?今回の増税にあわせて社内のエクセル既存フォーマットを点検される機会に、従来の消費税計算に問題がないのかについても、ぜひ見直していただきたいと思います。

エクセルで「本体価格」から「税込価格」を算出する、または「税込価格」から「本体価格」を逆算する場合にも誤差が出る、売り上げ一覧表の合計欄で誤差が出る、といった困り事は今まで多数発生してきましたが、もう大丈夫 10% になるから誤差が出なくなる、ということはありません、ちょうどこの機会に見直すことにしましょう。

税込価格と本体価格計算は切捨て?切上げ?四捨五入?

関数は3種類

切り捨て ROUNDDOWN(数値,桁)
切り上げ ROUNDUP(数値,桁)
四捨五入 ROUND(数値,桁)

桁とは小数点以下の表示桁数のことです。

税額と税込価格の算出

①切り捨てた税額と税込価格算出のためセルC5へ「ROUNDDOWN(C2*E2,0)」を入力。

②切り上げた税額と税込価格算出のためセルD5へ「ROUNDUP(C2*E2,0)」を入力。

③四捨五入した税額と税込価格算出のためセルC5へ「ROUND(C2*E2,0)」を入力。

税込価格から本体価格を逆算する時

本体価格は「税込価格 ÷ (1+税率)」によって算出できます。

④上段「切捨て」「切上げ」「四捨五入」による税込価格から「切捨て」で割り戻した3種類の結果です。色付きセルは、元の本体価格55円と相違することを示しています。「切捨て」による税込価格から「切捨て」で割り戻すと誤差が出ることがわかります。

⑤「切上げ」による税込価格からは「切捨て」以外で割り戻すと誤差が出ます。

⑥「四捨五入」による税込価格からは「切捨て」で割り戻すと誤差が出ます。

⑦税率10%でも試してみた結果です。結論は「切捨てた税込価格→本体価格は切上げる」「切上げ→切捨てる」「四捨五入→四捨五入」とすれば誤差が出ないことがわかります。

⑧「四捨五入→四捨五入」の場合、1品では誤差は出ませんでしたが、2個購入した場合に問題が発生します。税込価格✕2個の金額と、本体価格✕2個✕(1+税率)で算出した金額とに誤差が発生します。税込価格から算出すると「税金のもらい過ぎ」となります。

本体価格算出時の注意点

「税込価格算出時は切上げて算出→本体価格逆算時は切捨てる」
これ以外の方法は「税のもらい過ぎ」が発生する場合がある。

EXCEL屋 無料活用術その1

働き方改革の名の元、業務時間の短縮を指示されるのに、現場からの無理難題は増える一方!もう投げ出したい(泣)、、、そうなる前に【EXCEL屋】で検索!
まずはコチラをブックマーク

EXCEL屋 無料活用術その2

業務現場で「本当に」役立つEXCEL活用術をメールでお届けします。もちろん無料!
登録はコチラ

EXCEL屋 無料活用術その3

検索したり、いろいろ頑張ったけど、どうしても解決できない問題を【EXCEL屋】が解決します。「成功事例」として記事化OKの場合は「解決料無料!」
コチラから課題をお知らせください