EXCEL消費税増税・軽減税率対応

[EXCEL]エクセル消費税:8%税込価格→10%税込へ一発変換

現行の「8%税込み価格」がエクセルの一覧表に記載されており、増税にあわせて「10%税込み価格」へ大量に改定しなければならない、といった作業も発生しそうですね。

「8%税込み価格」と「税抜き価格」が併記されていれば、小数点以下をどのように処理したのかはわかりますが、「8%税込み価格」だけが存在している場合は確認が必要です。

端数処理には「切捨て」「切上げ」「四捨五入」がありますが、法律で義務付けられている「税込表示価格」はいずれの方法で端数処理しても良い、とされているからです。

しかし、いずれかの方法で端数処理された「税込価格」から「本体価格」を逆算するときも、好きな方法で端数処理して良いのではありません。

「本体価格」から「税込価格」を出す際に端数をどのように処理したのか知らない第3者が、「税込価格」から「本体価格」を逆算するには計算上のルールがあります。

「8%税込み価格」から「10%税込み価格」へ一つの計算式で変換すること自体は簡単なのですが、「税込価格の生い立ち」に注意して作業しましょう。

8%税込み価格→10%税込み価格を算出

8%税込み価格が100円とした場合、この100円から一つの計算式で10%税込み価格を算出する方法を考えてみましょう。

使う関数は「切捨て」と「切上げ」

端数処理する関数

切り捨て ROUNDDOWN(数値,桁)
切り上げ ROUNDUP(数値,桁)
桁とは小数点以下の表示桁数

(参考)四捨五入 ROUND(数値,桁)

8%税込み価格の生い立ちが「切捨て」の場合

8%税込み価格が「切捨て」で端数処理されていることを前提とします。

①切捨て(切上げ(8%税込価格÷1.08)✕1.1)→いったん1.08で割り戻して切上げて「税抜き価格」を出し、これに1.1を掛けて切捨てて「新税込み価格」を算出します。

式=ROUNDDOWN(ROUNDUP(A2/1.08,0)*1.1,0)

よくある間違い「生い立ち無視」

②100円という税込み価格がどのように「端数処理」されたものかを無視して、1.08で割り戻すといった間違いの例です。

よくある間違い「生い立ち無視」+「表示形式まかせ」

③税込み価格の「端数処理」の無視に加えて、10%税込み計算結果に対する「端数処理」もせず、あとはエクセルまかせ、というダブルミスの例です。

本体価格算出時の注意点

本体価格への逆算は、とにかく無条件で「切上げ」なのではありません。今回の例は「切捨て」で出した税込み価格を元にして逆算したから「切上げ」たのです。

切捨てて出した税込価格→本体価格逆算時は「切上げる」
切上げて出した税込価格→本体価格逆算時は「切捨てる」
これ以外の方法では誤差が出る場合があります。

EXCEL屋 無料活用術その1

働き方改革の名の元、業務時間の短縮を指示されるのに、現場からの無理難題は増える一方!もう投げ出したい(泣)、、、そうなる前に【EXCEL屋】で検索!
まずはコチラをブックマーク

EXCEL屋 無料活用術その2

業務現場で「本当に」役立つEXCEL活用術をメールでお届けします。もちろん無料!
登録はコチラ

EXCEL屋 無料活用術その3

検索したり、いろいろ頑張ったけど、どうしても解決できない問題を【EXCEL屋】が解決します。「成功事例」として記事化OKの場合は「解決料無料!」
コチラから課題をお知らせください