EXCEL消費税増税・軽減税率対応

[EXCEL]エクセル消費税:合計が合わない原因と対策

請求書等の合計で誤差が出る、といった困り事は今まで多数発生してきましたが、もう大丈夫 10% になるから誤差が出なくなる、ということはありません、ちょうどこの機会に見直すことにしましょう。

「売上実績」等、社内の売上管理は税抜き「本体価格」から計算し、「請求書」等、社外向け請求業務には消費税が関係して来ます。

税率は%(パーセント=小数)であり、通貨は1円以上である以上端数が出ます。

大切な社外向けの消費税計算にエクセルは社内の隅々まで使われているものと思いますが、社内に決め事がないまま運用していると、気付かぬ間に間違った処理が定着してしまうこともあります。10月から改定される予定の新消費税は10%で、誤差が出てもたかが1円単位と軽く見えるかも知れませんが、たった1円の扱いで信用を損なうことにもつながり兼ねません。

端数処理をせずにエクセルの表示形式に任せて成るがまま「四捨五入」にするケースが多いようですが、作成者次第、その時任せになっていませんか?今回の増税にあわせて社内のエクセル既存フォーマットを点検される機会に、従来の消費税計算に問題がないのかについても、ぜひ見直していただきたいと思います。

EXCEL消費税増税・軽減税率対応記事

 

ロボットには職場を奪われたくない!人間優先のエクセル業務情報発信中「エクセル屋マガジン」(無料)  登録はこちら→
人生を変えるEXCEL成功術

いつものエクセルに「送信」「集計」ボタンを付けるだけでペーパーレス完了!
エクセル・ペーパーレス事例
送信・集計ボタンの取り付け方

エクセル・ペーパーレスを今なら無料で使える
こちらへ無料登録

しんどすぎるエクセル業務を正常化、地位向上へのお助けサイト
https://pro.excel-komarigoto.com

印刷禁止等EXCEL自動化ファイルプレゼント(無料)
EXCEL屋への質問ページ(回答無料)

消費税合計が合わない原因と対策

消費税で使う関数

関数は3種類

切り捨て ROUNDDOWN(数値,桁)
切り上げ ROUNDUP(数値,桁)
四捨五入 ROUND(数値,桁)

桁とは小数点以下の表示桁数のことです。

合計が合わない原因

①単品毎に、税抜き価格から「小数切捨て」で税込価格を計算しました。

②同じく税込み金額合計も「税抜き価格合計」✕1.1を切り捨てて算出しました。

③「税抜き価格合計」から算出した「税込み価格合計」は 233円、

④「税込み価格」各明細の合計は 231円と、一致しません。

対策(1)

⑤「税抜き価格合計」から計算せず、「税込み価格」各明細を合計します。切捨て計算済みの「税込み価格」を合計するため、マイナス誤差は出ます。(常に請求側のマイナス)

対策(2)

関数は3種類

消費税増税が実施される10月1日からは「軽減税率」も同時に導入される予定です。軽減税率導入後は「区分記載請求書等」という方式に切り替えなくてはなりません。軽減税率が関係する業種であれば、請求書等の書式変更を検討しましょう。詳しい解説

⑥一般的な請求書の書式です。

EXCEL屋 無料活用術その1

働き方改革の名の元、業務時間の短縮を指示されるのに、現場からの無理難題は増える一方!もう投げ出したい(泣)、、、そうなる前に【EXCEL屋】で検索!
まずはコチラをブックマーク

EXCEL屋 無料活用術その2

業務現場で「本当に」役立つEXCEL活用術をメールでお届けします。もちろん無料!
登録はコチラ

EXCEL屋 無料活用術その3

検索したり、いろいろ頑張ったけど、どうしても解決できない問題を【EXCEL屋】が解決します。「成功事例」として記事化OKの場合は「解決料無料!」
コチラから課題をお知らせください