EXCEL令和対応、新元号・改元関連

[EXCEL][令和対応]「㍼㍻」に続く「令和」の合字が心配

「合字」とは「㍼」「㍻」など、いくつかの文字を一文字で表わしたものです。

当然「㍼」と「昭和」、「㍻」と「平成」は見た目にも、システム上も別の存在であって、人間の利便上「㍻」を用いていても、システムが認識しない場合は個別に「読み替える」という追加のしくみを用意しなければなりません。

新元号「令和」の合字は使えるようになるのでしょうか?

日本マイクロソフトによると、サポート内のUnicode(ユニコード)という文字体系に「令和」を追加する方針であるとのことです。正式追加されればされたで、「㍻」と同じように「令和」の合字も正しく認識されるよう、企業内のシステムを見直す必要があります。

エクセルは「システムA」と「システムB」を連携する場合、また「人間の入力」を「システム」へ連携する目的で広く活用されています。連携のキーとして「合字」の取り扱いは極めて重要です、入念な準備を済ませておきたいところですね。

システム連携に合字

システムA→システムBへのデータ連携を人間が受け持っている場合が多々存在します。しかも会社はこのことを問題視していなかったり、認識さえされずに放置されているケースも見受けられます。大抵の場合、トラブルに発展してから発覚し、やっと修正が加えられることになるのですが、業務現場に溶け込んだ事案を事前に見つけ出すには各業務現場間の相互協力や、問題意識の高さが必要になって来ます。

<例>

入力フォームからの連携

エクセルを使った入力フォームから「データ」を作成して、データベースへ連携するといった「インターフェース的」な使い方をしている場合、エクセルフォームの作者がすでに退社していたり、作者自体が不明であったり、メンテナンスなしで何年も放置されているといったことがあります。エクセルを使った入力フォームの運用方法、データ連携方法はよく中身を把握しておくことが必要です。

 

EXCEL屋 無料活用術その1

働き方改革の名の元、業務時間の短縮を指示されるのに、現場からの無理難題は増える一方!もう投げ出したい(泣)、、、そうなる前に【EXCEL屋】で検索!
まずはコチラをブックマーク

EXCEL屋 無料活用術その2

業務現場で「本当に」役立つEXCEL活用術をメールでお届けします。もちろん無料!
登録はコチラ

EXCEL屋 無料活用術その3

検索したり、いろいろ頑張ったけど、どうしても解決できない問題を【EXCEL屋】が解決します。「成功事例」として記事化OKの場合は「解決料無料!」
コチラから課題をお知らせください