EXCELの時短テクニック

[EXCEL]複数の列をまとめて削除する方法

繰り返し作業をまとめよう!

複数の列の幅を削除する場合、ひとつづつ列を選択しなくても、まとめて選択すれば繰り返していた作業が1回で済むようになり、時間の節約ができるようになります。

自由自在にまとめて選択できるようになって、表作成をスピードアップしましょう!

共通ルール [Shift]=連続 [Ctrl]=とびとび と覚えましょう。

列をまとめて削除する3つの方法

(1)最終列まで一気に削除する

この操作は1行目にデータが入っている場合に有効です。

①作業開始列の「列ラベル」をクリックします。

②[Shift]+[Ctrl]+[→]を同時に押すと最終列まで選択できます。

③「列ラベル」上を右クリック「削除(D)」で選択した列がまとめて削除できます。

ショートカット[Ctrl]+[-]でも削除できます)

1行目にデータが無い場合はエクセル画面最終列まで全列を選択します。

(2)隣接した複数列を削除する

①作業開始列の「列ラベル」をクリックのあと[Shift]キーを押します。

②[Shift]キーを押しながら最終列の「列ラベル」をクリックして選択

③「列ラベル」上を右クリック「削除(D)」で選択した列がまとめて削除できます。

ショートカット[Ctrl]+[-]でも削除できます)

(3)とびとびの複数列を削除する

①作業開始列の「列ラベル」をクリックのあと[Ctrl]キーを押します。

②キーボードの「ctrl」キーを押しながらとびとびの「列ラベル」をクリックすれば完了!

③「列ラベル」上を右クリック「削除(D)」で選択した列がまとめて削除できます。

ショートカット[Ctrl]+[-]でも削除できます)

便利な時短テクニックをぜひご活用ください!