EXCELの時短テクニック

[EXCEL]空白セルを含む行を一括削除する方法

データをかき集めたり、不要なデータを[Delete]したりした後、行を詰める作業をすることはよくあります。
ひとつひとつコピペするのと比べて、圧倒的に効率的な方法がありますので解説いたします。

行の削除には2つの方法があります。
(1)行の中にひとつでも空白セルがあれば行ごと削除
(2)選択範囲の空白セルだけ削除して上へ詰める
↓ 簡単動画を参考にしてください。(空白セルだけまとめて削除する方法)


ポイント解説動画

エクセル屋の解説動画は毎日増えています。「知ってるんだけど確認したい」時に便利なよう、ほとんどが1分以内でナレーション無し-まわりに気兼ねなく何度でもくり返し確認できます。下のボタンからチャンネル登録をお願いいたします。

EXCEL屋動画チャンネル

空白セルを含む行を一括削除する方法

①対象セル範囲を選択します。

②リボンの「ホーム」タブをクリックします。

③「検索と選択」をクリックします。

④「条件を選択してジャンプ(S)」を選択します。

⑤「〇空白セル(K)」にチェックを入れて

⑥「OK」をクリックします。

⑦空白セルが選択されたら、空白セル上で右クリックします。

⑧「削除(D)」をクリックします。

⑨「〇行全体(R)」にチェックして

⑩「OK」で完了!

空白を消去してデータを上へ詰めました。

・データが多数存在しても、一瞬で空白を消去してデータを上へ詰めます。
・複数列を指定した場合は、横の関係は無視して、列単位で空白を消去してデータを上へ詰めます。

スポンサーリンク