EXCELおしゃれなテクニック

[EXCEL]一覧表の各セルに評価アイコンを取り付ける方法

テストの点数は0~100点まで100通りあって、何回ものテストの結果は結局は5段階評価だったり、売上げ達成率は小数点まで無限段階まで求めておきながら、ボーナス評価も結局はA、B、Cの3段階だったり。

数百行~数千行もあるデータを渡されて人間が目で見て判断しているのは、実は「すごい」とか「良い」「まあまあ」「うーん」「失格」などせいぜい5段階くらいなのかも知れません。

小数点まである膨大なデータを5段階に分類するのであれば、コンピュータが得意とするところです。元の数値も表示したまま5種類の矢印マークなど添えてもらえれば、人間の負担は一気に減少するはずです。

ということで、一覧表の各セルに評価アイコンを取り付ける方法をご紹介します。

数値セルに評価アイコンをセットする

評価アイコンを取り付ける方法

①一覧データの範囲を指定しておき

②「ホーム」タブ「条件付き書式」「アイコンセット(I)」をクリックします。

③メニューの中から、例として「5段階カラー矢印」を選んでみましょう。

④セルの値により5種類の矢印アイコンがセットされました。

5段階評価の標準値はこの画像の通りですが、「ルールの管理」→「ルールの編集」から修正も可能です。

ツールバー登録でさらにスピードアップ

上(下)位10%や、平均より上(下)のように普通なら関数を使わなければできない分析も、メニュー化されており「アイコン」としてツールバーに追加することもできます。

⑤「条件付き書式」「アイコンセット(I)」メニュー上を右クリックします。

⑥メニューから「クイックアクセスツールバーに追加(A)」をクリックします。

⑦「アイコンセット(I)」に表示されていたアイコンがツールバーへ追加されました。

以後、他から貰ったファイルやダウンロードしたCSVファイルなども、セル範囲を指定してアイコンをクリックするだけで、各セル値を自動評価してくれます。

 

 

EXCEL屋 無料活用術その1

働き方改革の名の元、業務時間の短縮を指示されるのに、現場からの無理難題は増える一方!もう投げ出したい(泣)、、、そうなる前に【EXCEL屋】で検索!
まずはコチラをブックマーク

EXCEL屋 無料活用術その2

業務現場で「本当に」役立つEXCEL活用術をメールでお届けします。もちろん無料!
登録はコチラ

EXCEL屋 無料活用術その3

検索したり、いろいろ頑張ったけど、どうしても解決できない問題を【EXCEL屋】が解決します。「成功事例」として記事化OKの場合は「解決料無料!」
コチラから課題をお知らせください

からだへのプレゼント PR