EXCELの時短テクニック

[EXCEL]セル内の文字改行をまとめて改行、削除する方法

エクセルもセルの中で「改行」ができます。「改行」はエクセルの中では「改行コード」と呼ばれるもので、人には見えない「制御文字」です。

セルに「a【改行】b」と入力したら文字数はいくつでしょう?人間の目には a と b しか見えませんから誰もが「 a と b あわせて2文字」と答えるはずですが、エクセル上の正解は3文字です。下図のように文字数を数える「LEN関数」で数えると、「改行」も1文字として数えるのです。

エクセルの「改行」がもうひとつ分かりにくかったのはこれが原因でした。目に見えない制御用文字だったのです。

これさえスッキリできれば「一括改行」「一括削除」も納得できます。やっと「改行」が身近に感じられるようになったところで、「セル内の改行」「改行の一括削除」「一括改行」の方法について解説いたします。

セル内で改行する

①数式バーに表示されている文字列の改行したい箇所をクリックして[Alt]+[Enter]を押すとセル内改行ができます。

②ひとつのセル内で複数個所の改行も可能です。

改行を一括削除する

①「ホーム」タブ「検索と選択」の「置換(R)」をクリックします。

②「置換(P)」メニューの「検索する文字列(N)」で

③[Ctlr]+[J]を押します。「改行コード」が入力されますが見えません。

④削除するので「置換後の文字列(E)」へは何も入力しません。

⑤「すべて置換(A)」で完了です。

⑥「改行コード」2か所を削除しました。

「検索と置換」メニューの「検索する文字列(N)」「置換後の文字列(E)」を続けて使う場合、目に見えない「改行コード」も残っていますので[BackSpace]と[Delete]キーを押してクリアしてください。

一括改行の方法

「一括削除」の反対の操作で「一括改行」ができます。

①あらかじめ改行箇所へ「改行」を表す記号などを入れておきます。

②「検索と選択」「置換(P)」メニューの「検索する文字列(N)」へ「改行」を表す記号を入力します。

③「置換後の文字列(E)」へ「改行コード」を入力します。

④「改行コード」は[Ctlr]+[J]を押して入力します(目には見えません)

⑤「すべて置換(A)」で完了です。

⑥一回の操作でシート単位、ブック単位でも一括変換ができます。

EXCEL屋 無料活用術その1

働き方改革の名の元、業務時間の短縮を指示されるのに、現場からの無理難題は増える一方!もう投げ出したい(泣)、、、そうなる前に【EXCEL屋】で検索!
まずはコチラをブックマーク

EXCEL屋 無料活用術その2

業務現場で「本当に」役立つEXCEL活用術をメールでお届けします。もちろん無料!
登録はコチラ

EXCEL屋 無料活用術その3

検索したり、いろいろ頑張ったけど、どうしても解決できない問題を【EXCEL屋】が解決します。「成功事例」として記事化OKの場合は「解決料無料!」
コチラから課題をお知らせください

からだへのプレゼント PR