EXCELの時短テクニック

[EXCEL]いつも使う項目一覧を素早く設定したい

Excelのオートフィルは当たり前のように使っていますが、大変便利な機能です。

「1、2、3・・・・」「月、火、水・・・・・」「1月10日、1月11日、1月12日・・・・・」など、数字、日付などExcelが用意している項目に関しては入力しなくてもオートフィルの機能で連続データを作成することができます。

よく使う項目一覧もオートフィルで作成することができれば、作業の効率化が計れます。

Excelのオプションからユーザー定義リストに登録して、独自の連続データを作成しましょう。

独自の連続データを作る

よく使う項目一覧

オートフィル機能で 連続データ作成

ユーザー定義リストに独自のデータを登録して、オートフィルすると連続データになる

連続データを作成する項目を選択します。

[Excelのオプション]の「詳細設定」から「全般」グループの中にある「ユーザー設定リストの編集」をクリックします。

[ユーザー設定リストの編集]ウィンドウが表示され、「リストの取り込み元範囲」に選択した範囲が設定されています。
「インポート」ボタンをクリックします。

項目一覧がユーザー設定リストに追加されます。「OK」ボタンをクリックし、[Excelのオプション]ウィンドウも「OK」ボタンをクリックします。

 

追加した連続データを削除する場合は、「ユーザー設定リスト」から対象の項目を選択して「削除」ボタンをクリックします。

追加した連続データを修正する場合は、「ユーザー設定リスト」から対象の項目を選択して、「リストの項目」内で修正します。

からだへのプレゼント PR