EXCELの書式設定を活用する

[EXCEL] (円・千円・百万円)自動で表示単位を切替える方法(動画あり)

スポンサーリンク




EXCELの金額にまつわる集計表を配布した後に「単位は何?」といった質問や指摘を受ける、というちょっとイヤな経験はありませんか?

欄外に「合計=千円単位」等の注釈を入れておいても「わかりにくい」などと苦言をいただくこともよく聞く話です。元はと言えば「この関連帳票は〇円単位」というルールが社内に無いことが原因なのですが‥

そこでEXCELでは、セルの値によって「自動で単位を切替える」というワザも使えますのでご紹介いたします。

999円までは「~円」、1,000円以上は「~千円」、1,000,000円以上は「~百万円」と単位の表示が切り替わるのでもう「わかりにくい」とは言わせません。
↓ 簡単動画からご覧ください。


ポイント解説動画

エクセル屋の解説動画は毎日増えています。「知ってるんだけど確認したい」時に便利なよう、ほとんどが1分以内でナレーション無し-まわりに気兼ねなく何度でもくり返し確認できます。下のボタンからチャンネル登録をお願いいたします。

EXCEL屋動画チャンネル


スポンサーリンク




おしりに 円 を付ける設定

ユーザー定義を設定する

①対象のセル(セル範囲)を選択します。

②[Ctrl]+で「セルの書式設定」を出し、「ユーザー定義」を選択します。

③新しいユーザー定義 「 #,##0″円” 」を入力すると、数値のおしりに「円」が表示されます。

おしりに 千円・百万円 を付ける

条件付き書式

①対象のセル(セル範囲)を選択します。

②「ホーム」タブ「条件付き書式」の「新しいルール」を選択します。

③「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。

千円単位

①数式欄へ「 =$C$2>=1000 」と入力します。

②OK ではなく「書式」をクリックします。

③「表示形式」の「ユーザー定義」を選択します。

④新しい定義「 #,##0,”千円” 」を入力すると、数値のおしりに「千円」が表示されます。

百万円単位

同じセルに複数の条件を設定できます。「千円単位」が設定できたら、あらためて「ホーム」タブ「条件付き書式」の「新しいルール」から「百万円単位」も設定しましょう。

①数式欄へ「 =$C$2>=1000000 」と入力します。

②OK ではなく「書式」をクリックします。

③「表示形式」の「ユーザー定義」を選択します。

④新しい定義「 #,##0,,”百万円” 」を入力すると、数値のおしりに「百万円」が表示されます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク