EXCELの書式設定を活用する

[EXCEL] 西暦の日付を令和(和暦)にする方法(動画あり)

今度こそ、新年までに社内のエクセル資料を「令和」表示に揃えたいですね。

今、西暦表示となっている日付も簡単な操作で「令和」に変えることができますので、解説いたします。

↓ 簡単動画からご覧ください。


ポイント解説動画

エクセル屋の解説動画は毎日増えています。「知ってるんだけど確認したい」時に便利なよう、ほとんどが1分以内でナレーション無し-まわりに気兼ねなく何度でもくり返し確認できます。下のボタンからチャンネル登録をお願いいたします。

EXCEL屋動画チャンネル

「書式設定」メニューをパッと出す3つの方法

「令和」を表示させるには「セルの書式設定」から操作しますので、まずは「書式設定」メニューを出す方法から解説します。

主に、次にあげる(1)~(3)の3つの方法があります。3種類すべて覚える必要はありません、気に入った方法で良いので必要な時「パッ」と出せるようにしておきましょう。

(1)右クリック

①対象セルを選択して「右クリック」「セルの書式設定(F)」をクリックします。

(2)ツールバー

「ホーム」タブの「数値」メニュー右下「↘」ボタンをクリックします。

(3)ショートカット[Ctrl]+[1]

③対象セルを選択して [Ctrl] キーと [1] キーを同時に押します。

「書式設定」メニューが出たら

①「表示形式」タブの分類で「日付」を選択します。

②カレンダーの種類を「和暦」にします。

③サンプルから表示したい形式を選択して「OK」します。サンプルには H や 平成 と表示されますが、日付が令和なら「令和」と表示されます。

次のステップ
表示形式ってそういう事かぁ それをはやく言ってよ!→ ここをクリック

スポンサーリンク



スポンサーリンク