EXCELの書式設定を活用する

[EXCEL] セル結合より扱いやすい【選択範囲で中央揃え】

複数のセルを1つにまとめて、表示を中央に寄せる「セルを結合して中央揃え」の機能は手軽に体裁を整えることができ便利なため、ついつい多用してしまいます。

でも便利な反面、あとあと集計や編集に手間がかかったり、エラーが出て困ってしまう、といったデメリットもあります。

タイトル等を複数のセル範囲の中央へ配置するのであれば、もっと簡単な方法がありますのでご紹介いたします。
↓ 簡単動画からご覧ください。


ポイント解説動画

エクセル屋の解説動画は毎日増えています。「知ってるんだけど確認したい」時に便利なよう、ほとんどが1分以内でナレーション無し-まわりに気兼ねなく何度でもくり返し確認できます。下のボタンからチャンネル登録をお願いいたします。

EXCEL屋動画チャンネル

セルを結合して中央揃えとは

「セルを結合して中央揃え」を使って、セルA1に入力したタイトルを、A1~F1 の中央へ配置する例です。

①セル A1:F1 を選択しておき

②「ホーム」タブ「配置」グループ「セルを結合して中央揃え」をクリックするだけで、6個の別々のセルは1つに結合されて、表示は中央寄りになりました。

いったん「セル結合」すると結合されたセルへ追加入力するには「セル結合の解除」を行った上でもういちど結合範囲を変更しなければなりません。

よくあるトラブル

結合されたセルへコピペする時によくこんなエラーが出ますよね。

①日付表示用に結合したセルへ、他のセル値をコピペしたら

②「この操作を行うには、すべての結合セルを同じサイズにする必要があります」というエラーが出ました、度々遭遇するエラーですね。

③「OK」で開放されると思っていたら、再度詳しいエラーメッセージが出ました。

選択範囲内で中央 に配置する方法

複数のセルを1つにまとめず、表示を中央に寄せる方法として「選択範囲内で中央」に配置する方法があります。

①セルA1にタイトルが入った状態で、対象セル範囲を選択します。

②「ホーム」タブ「配置」グループの ↘ マークをクリック「セルの書式配置」「配置」メニューが出るので「横位置」を「選択範囲内で中央」を選択します。

③中央に配置されました。

編集も手間がかからない

「セル結合」されたセル範囲内へ追加入力するには「セル結合の解除」を行う必要がありますが、「選択範囲内で中央」なら編集が柔軟にできるという例です。

①タイトルがセル A1~F1 の中央に配置されていますが、「日付」を追加したい場合…

②そのまま「日付」をセルF1へ追加するだけで、タイトルはセル A1~E1 の中央へずれてくれました。

スポンサーリンク