EXCELの書式設定を活用する

[EXCEL] 〇千円、〇百万円など単位付き表示を使い分ける(動画あり)

社内の帳票はそれぞれのスタイルがあって、「表示単位」も会社によってそれぞれです。

明細部分は「円単位」で良かったとしても、合計欄など金額が大きくなるほど把握しづらくなるため、千円単位や百万円単位などと、数値を丸めて表示することがよくあります。

多くは会社ごとに伝統的・習慣的に合意している「表示単位」なので、厳格な決め事ではないことが多く、これが災いしてか「すぐに表示単位を直して欲しい」という依頼や指示も絶えないようです。

EXCELでは数値を丸めてわかりやすく表示できる、非常に便利な「表示形式」機能が用意されていますが、今回はセル内に「〇千円」「〇万円」など丸めた数値にさらに「単位」も一緒に表示させる方法について解説いたします。



金額の単位を変えて表示する

元の表

元の表は「円」単位です、「桁区切りのカンマ」だけ指定した状態です。

大きな桁を見慣れている人は「,は千円」「,,2つめが百万」と覚えているそうですが、やはりこれでは「資料」としてはわかりづらいですね。

「合計」「総計」はどちらも明細部分を変更するたびに値が更新される「計算結果」なので直に入力するわけにもいきません、セルの値は「円」単位のまま見た目の表示単位を変更することが必要です。

千円単位で表示する

3桁区切りの表示形式「#,##0」のおしりに「,」カンマを追加することによって表示単位を「千円単位」とすることができます。

①対象のセル範囲を選択して
②セルの書式設定から「表示形式」「ユーザー定義」を出して
③いったんサンプルの「#,##0」を選んでおいて、おしりに「,」カンマを追加します。
④項目名に(千円)等、単位がわかるよう表示しましょう。

百万円単位で表示する

3桁区切りの表示形式「#,##0」のおしりに「,,」カンマを2つ追加することによって表示単位を「百万円単位」とすることができます。

①対象のセル範囲を選択して
②セルの書式設定から「表示形式」「ユーザー定義」を出して
③「#,##0」のおしりに「,,」カンマを2つ追加します。
④項目名に(百万円)等、単位がわかるよう表示しましょう。

表示形式に 千円・百万円 の単位を入れる

表示形式には文字を含めることができるので「単位」を表わす文字を入れることもできます。

セルに 〇千円 と表示

ユーザー定義 #,##0, のおしりにさらに”千円”を追加します。

セルに 〇百万円 と表示

ユーザー定義 #,##0,, のおしりにさらに”百万円”を追加します。

ポイント解説動画

エクセル屋の解説動画は毎日増えています。「知ってるんだけど確認したい」時に便利なよう、ほとんどが1分以内でナレーション無し-何度でもくり返し確認できます。下のボタンからチャンネル登録をお願いいたします。

スポンサーリンク