EXCELの書式設定を活用する

[EXCEL]重複データに色を付ける方法

エクセルで手作りした名簿や住所録などには重複はつきものですね。

いつかは整理しようと気になっているのだけれども、やり始めたらいつ終わるのか見当もつかないから整理開始に踏切ることができないこともあるでしょう。

エクセルには便利な機能が標準でたくさんついているのですが、例によって難しいメニュー名がついていることが原因なのか、メニューを見て何ができるのかパッとひらめくことは少ないようです。

「条件付き書式」の中の「一意の値または重複する値だけを書式設定」も見ただけでは何ができるのかはわかりにくいメニュー名をですが、「データの重複」を簡単に識別してくれる便利なメニューです。

ロボットには職場を奪われたくない!人間優先のエクセル業務情報発信中「エクセル屋マガジン」(無料)  登録はこちら→
人生を変えるEXCEL成功術

いつものエクセルに「送信」「集計」ボタンを付けるだけでペーパーレス完了!
エクセル・ペーパーレス事例
送信・集計ボタンの取り付け方

エクセル・ペーパーレスを今なら無料で使える
こちらへ無料登録

しんどすぎるエクセル業務を正常化、地位向上へのお助けサイト
https://pro.excel-komarigoto.com

印刷禁止等EXCEL自動化ファイルプレゼント(無料)
EXCEL屋への質問ページ(回答無料)

重複データに色を付ける方法

①重複を調べたいデータ範囲を選択しておきます。

②「ホーム」タブ「条件付き書式」ボタンの「新しいルール(N)」を選択します。

③「一意の値または重複する値だけを書式設定」を選択し「OK」します。

④「書式(F)」をクリック「OK」します。

⑤「塗りつぶし」タブを選択して色を指定し「OK」します。

⑥もういちど「OK」で完了です。

各項目(各列)、2個以上ある重複データに色付けできました。