EXCELの書式設定を活用する

[EXCEL]千円単位で表示する方法

エクセル資料を作成完了、提出したところ「桁が円単位では見づらい、千円単位にしてくれないか?」と後付け指示をされた、という話をよく聞きますね。

こんな時、数値自体には変更を加えることなく、見た目の単位だけを変える手段として、「表示形式」が用意されています。入力された数値であっても、計算結果であっても、簡単に見た目の単位を変更できます。

さらに、表示形式は自由にカスタマイズができます。1000000を千円単位で表わす場合、「1,000千円」といった表示も可能ですので、併せて解説いたします。

千円単位で表示する方法

ユーザー定義を設定する方法

①対象のセル(セル範囲)を選択します。

②「ホーム」タブ「数値」の横にある「↘」ボタンで「セルの書式設定」を出します。

③「表示形式」タブの「分類(C)」リストから「ユーザー定義」を選択します。

④「基になる組み込みの表示形式を選択し、新しい表示形式を入力してください」は、ユーザー定義を選択した時だけ表示される案内です。

⑤基になる表示形式「#,##0」を選択します。

⑥「種類(T)」の窓に選択した表示形式が表示されました。

新しい表示形式を設定する

千円単位の表示形式

①基の表示形式「#,##0」のおしりに「,」をつけて「#,##0,」とします。

②「#,##0,”千円”」とすることで「1,000千円」と表示しました。

1万円単位の表示形式

③基の表示形式「#,##0」のおしりに「,,」をつけて「#,##0,,」とします。

④「#,##0,,”百万円”」とすることで「1百万円」と表示しました。

表示形式を変更することで、見た目の表示が変わりますが、セル内の数値はあくまでも元の数値のため、計算に影響はありません。また見た目の記号や単位付き数値を文字列として取り出そうとしてもうまく行きません。

参考:数字を漢数字や大字に変換できるTEXT関数