EXCELの書式設定を活用する

[EXCEL][令和対応]令和1年を→「令和元年」と表示させよう!

「このエクセル帳票のここが『1年』になってるので修正しておいてください、正しい年度名、わっかてますよね『元年』ですよっ」などと指摘を受けていませんか?

やっとOfficeが令和表示してくれたと喜んでいたのに。「どっちでもええやん!!」と返したいところですが、そうも口答えできない辛い立場お察しいたします。

官公庁もそうであるように、会社の事業年度もたしかに「令和1年度」ではなく「令和元年度」と呼ぶ企業がほとんどのようなので、ここは従うしかありません。

エクセルの表示形式は和暦に設定しても「令和元年」とはならず、残念ながら「令和1年〇月〇日」と表示しますが、これを上司に説明しても仕方ない、というお困りの方へ。

「条件付き書式」という機能を使って、2019/5/1~2019/12/5の間であれば「令和元年〇月〇日」と表示させることにしましょう。

通常の和暦設定

セルにスラッシュ「/」入りの数字を入力すると、エクセルは「日付」と認識して自動的に日付(シリアル値)に変換され表示します。

表示形式を和暦に変更

①「数値」横「↘」ボタン等で「セルの表示形式」を出します。

②「表示形式」の「日付」で「和暦」を選択します。

令和1年を→「令和元年」と表示させる

①対象セルを選択しておき、「ホーム」タブの「条件付き書式」をクリックします。

②「新しいルール(N)」を選択します。

③「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択します。

④「次の値の間」「2019/5/1」と「2019/12/31」と設定します。

⑤この条件(この期間の日付)に対する「書式」を設定します。

⑥「表示形式」「ユーザー定義」で「”令和元年”m”月”d”日”」と入力します。

完成した書式

〇2019/5/1~12/31の間の日付を「令和元年」と表示します。

〇対象期間を過ぎても設定は有効なので、このまま使い続けられます。

<参考>「セルの表示形式」メニューをパッと出す方法

主に、次にあげる3つの方法があります。

(1)右クリック

①対象セルを選択して「右クリック」「セルの書式設定(F)」をクリックします。

(2)ツールバー

「ホーム」タブの「数値」メニュー右下「↘」ボタンをクリックします。

(3)ショートカット[Ctrl]+[1]

③対象セルを選択して [Ctrl] キーと [1] キーを同時に押します。

「表示形式」が出たら

①分類で「日付」を選択します。

②「和暦」を選択します。

③サンプルから表示したい形式を選択して「OK」します。

 

EXCEL屋 無料活用術その1

働き方改革の名の元、業務時間の短縮を指示されるのに、現場からの無理難題は増える一方!もう投げ出したい(泣)、、、そうなる前に【EXCEL屋】で検索!
まずはコチラをブックマーク

EXCEL屋 無料活用術その2

業務現場で「本当に」役立つEXCEL活用術をメールでお届けします。もちろん無料!
登録はコチラ

EXCEL屋 無料活用術その3

検索したり、いろいろ頑張ったけど、どうしても解決できない問題を【EXCEL屋】が解決します。「成功事例」として記事化OKの場合は「解決料無料!」
コチラから課題をお知らせください