EXCELの印刷テクニック

[EXCEL] 超カンタン😮差し込み印刷ができた!(動画あり)

スポンサーリンク




EXCELには「差し込み印刷」の機能がないので困っておられる方は多いと思います。

色々な裏ワザもあるようですが、VLOOKUP関数を使うと毎ページ印刷が終わるのを待って次の番号を入力するという結局手作業になってしまったり、簡単なマクロを作ろうと始めたものの悪戦苦闘で時間ばかりが過ぎてしまったり。

準備に手間がかかることもなく、アドインやマクロも使わない「最短」の方法をご紹介いたします。
↓ 簡単動画からご覧ください。


ポイント解説動画

エクセル屋の解説動画は毎日増えています。「知ってるんだけど確認したい」時に便利なよう、ほとんどが1分以内でナレーション無し-まわりに気兼ねなく何度でもくり返し確認できます。下のボタンからチャンネル登録をお願いいたします。

EXCEL屋動画チャンネル


スポンサーリンク




簡易差し込み印刷の前提

シート上に設けた「差し込みデータ」の位置にデータを引っ張ってきて、その都度シートを完成させて印刷しようとするから大そうな事になるのです。

どうせ「印刷」するのだから、いちいちシート上で完成させる必要なし!「宛名」抜きの本文をプリンターに準備しておき、2度目の印刷で「宛名を追加する」という方法です。

スポンサーリンク




宛名の差し込み印刷設定

同じシート上の複数のセル範囲を別々に印刷する「印刷範囲」の設定機能を使います。

①差し込むデータを準備します。複数セル、単独セルどちらでもOKですが、セルどうしが接していない状態でなければいけません。
(参考)1行おきに空白行を挿入する方法

②「ページレイアウト」タブ「印刷タイトル」をクリックします。

③「ページ設定」メニューの「シート」タブが開きます。

①「印刷範囲」をクリックしておき、差し込みたい最初のセルを選択後、次からは [Ctrl] を押しながら順番に選択して行きます。

②各セルが、カンマ , 区切りで入力されました。

③「OK」で設定が確定します。

プレビューで確認

印刷プレビューは「ページレイアウト」タブ「印刷タイトル」からも出せます。

①「印刷範囲」を確認して

②「印刷プレビュー」をクリックすると

③1件目の差込み対象が表示されています。

④ページボタンは 1/5 となっています。▶ を押すと次のページが確認できます。

詳細設定

①「ページ」タブから印刷の向きや、拡大・縮小の設定をします。

②「余白」タブから印刷位置を設定します。

③「印刷」で設定した全ページを印刷できるので非常に便利です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク