EXCELおしゃれなテクニック

[EXCEL]人数データをおしゃれなイラストグラフにする方法

数表は一覧にしても単なる数字の集まりでしかなく、見る人によってとらえ方はまちまちになってしまいがちです。

グラフは数値を感覚的に表すことができる道具であり、グラフを上手に使うことによって自分の考えていることを的確に相手へ伝えることができるようになります。

エクセルにも充実したグラフ機能は用意されていますが、「人数の多少」を人のイラストで表す「ピープルグラフPeopleGraph」という機能が、EXCEL2013以降「アプリ」という形態で提供されていますのでご紹介いたします。

「人数の多少」や「人数の推移」は数字で提示されてもピンと来ない相手も居るものですが、グラフとりわけおしゃれな「人型のグラフ」なら想定していた方向や結論へ正しく誘導できるはずです。

PeopleGraphの設定方法

①「挿入」タブの「PeopleGraphアイコン」をクリックします。

②はじめて使う場合、「このアドインを信頼」ボタンを押します。

③サンプルが表示されます。右上にある「データアイコン」をクリックします。

④「タイトル」を入力し、「データの選択」ボタンをクリックします。

⑤データ範囲を指定するとグラフが完成しました。

イメージの変更

⑥右上の「設定アイコン」から「種類」「テーマ」「図形」のメニューを開き、自由に設定変更ができます。

からだへのプレゼント PR