EXCELでシートの見栄えを良くする

[EXCEL]「0」ゼロを非表示にして見やすくしたい

計算結果がゼロの場合、あえて「0」と表示させたくない場合もあると思います。

件数等が「ゼロ」で正常な場合、「ゼロ」を目標にしている場合、例えば「トラブル件数」「事故発生件数」「解約件数」などの場合、一覧表に表示されている数字は異常を示す少数部分であって、ほとんどのセルは「0」であるはずです。

異常値を見つけるための一覧表なのに、「0」で埋まっているためにゼロ以外の数値を見つけ出すのがたいへんな場合、「0」を非表示にすればスッキリ見やすい表になります。

「ゼロ」を表示させない3つの方法

☐IF関数を使って非表示にする
☐表示形式で非表示にする
☐ファイルオプションで非表示の設定をする

について解説をいたします。

0ゼロを非表示にする方法

IF関数を使って非表示にする

①累計のセルD4に入る式を「=IF(B4+C4=0,””,B4+C4)」とします。もし計算結果が0ならば何も表示しない、という意味なので、元の値の表示はそのままです。

表示形式で非表示にする

②対象セル範囲を選択しておき

③「ホーム」タブ「数値」の横の「↘」ボタンで「セルの書式設定」を出します。

④「表示形式」「ユーザー定義」で「種類(T)」窓へ「#」を入力「OK」します。

⑤元の値、計算結果にかかわらず、「0」は非表示となりました。

表示形式「#」は 0.123等 小数点の値も非表示となります。

ファイルオプションで非表示の設定をする

⑤「ファイル」タブ「オプション」を開きます。

⑥「詳細設定」の「次のシートで作業するときの表示設定(S)」で対象シートを選択のうえ、「☑ゼロ値のセルにゼロを表示する(Z)」のチェックを外し「OK」します。

セルの値が「0」または「入力なし」の場合、非表示となります。「0.123」等の小数点はそのまま表示します。

 

EXCEL屋 無料活用術その1

働き方改革の名の元、業務時間の短縮を指示されるのに、現場からの無理難題は増える一方!もう投げ出したい(泣)、、、そうなる前に【EXCEL屋】で検索!
まずはコチラをブックマーク

EXCEL屋 無料活用術その2

業務現場で「本当に」役立つEXCEL活用術をメールでお届けします。もちろん無料!
登録はコチラ

EXCEL屋 無料活用術その3

検索したり、いろいろ頑張ったけど、どうしても解決できない問題を【EXCEL屋】が解決します。「成功事例」として記事化OKの場合は「解決料無料!」
コチラから課題をお知らせください