EXCELの基礎知識

[EXCEL]等しいかどうか「=」で比較IF関数(1)

「IF関数」は重要だからといって、がむしゃらに「IF関数の機能」を暗記すれば良いとは限りません。

業務を処理する目的で「IF関数」を調べていたはずなのに「IF関数を使って何ができるのか?」に興味が移ってしまい、知らぬ間にエクセルが主役になってしまうという「主客逆転現象」を見かけます。解説側も「使い方」よりも「機能」に重点を置いて、全機能をいっぺんに説明してしまおうとするタイプを多く見かけますが、利用者側にとっては実務に紐付かない説明は、苦行に感じてしまうこともあります。

エクセルは道具、シンプルに考えながら焦らず、階段を上がるように1つ1つ解決して行くようにしましょう。「目の前の実務を解決」することをくり返すうちに、複雑な数式も組み立てることができるようになるはずです。

この解説は、一度にあれもこれも言っておしまいにしてしまうのではなく、わかりやすく、検索しやすいよう、活用の単位に分けて構成します。ページは分割されますが、どの解説ページからでも自由にご利用ください。

セルとセルが等しいかを比較する「IF関数」

IF(論理式,真の場合,偽の場合)

論理式の結果に応じて指定された値を返します。

①セルD2には 「=IF(A2=C2,”真”,”偽”)」が入力されています。セルA2とセルC2が等しければ「真」を、等しくなければ「偽」を表示します。

②1 と 1 は等しいので、セルD2には「真」と表示されました。

③セルE2には 「=IF(A2=C2,”等しい”,”等しくない”)」が入力されています。

論理式「A2=C2」は「1=1」なので「真」の表示「等しい」が表示されました。

⑤判定「偽」の場合の「等しくない」が表示されました。

⑥文字列との比較も可能です。

次回の課題

等しくない場合の表示について考えます