EXCELの使えるテクニック

[EXCEL]数式をコピーしてもずれないよう固定する方法

数式を含むセルをコピーしたら数式の内容がずれてしまって、正しく計算できないという経験は、エクセルを扱う方なら誰でもあると思います。

相対参照(そうたいさんしょう)と絶対参照(ぜったいさんしょう)などと呼び方は難しそうですが、ぱっと見るだけで解決できるよう、図で解説いたします。5分で完全理解でき、今後の関数テクニック習得にも役立ちますのでぜひご覧ください。

ロボットには職場を奪われたくない!人間優先のエクセル業務情報発信中「エクセル屋マガジン」(無料)  登録はこちら→
人生を変えるEXCEL成功術

いつものエクセルに「送信」「集計」ボタンを付けるだけでペーパーレス完了!
エクセル・ペーパーレス事例
送信・集計ボタンの取り付け方

エクセル・ペーパーレスを今なら無料で使える
こちらへ無料登録

しんどすぎるエクセル業務を正常化、地位向上へのお助けサイト
https://pro.excel-komarigoto.com

印刷禁止等EXCEL自動化ファイルプレゼント(無料)
EXCEL屋への質問ページ(回答無料)

相対参照

相対参照とは

①セルD4は、セルA1を参照しています。

②式は「=A1」です。

数式をコピーすると

①セルD4をタテに2つ、ヨコに2つコピー

②式は自動的に調整されます。

絶対参照

絶対参照とは

①セルD4は、セルA1を絶対参照しています。

②式は「=$A$1」です。

数式をコピーすると

①セルD4をタテヨコにコピーしても値は変わりません

②コピーしても式は「=$A$1」です。「$」は固定を表す記号です。

のみ絶対参照

①セルD4をタテヨコにコピー

②式は行は固定、列は自動調整を表しています。「$」は固定を表す記号です。

のみ絶対参照

①セルD4をタテヨコにコピー

②式は行は自動、列は固定を表しています。「$」は固定を表す記号です。

相対⇔絶対は[F4]キーで切り替え

数式入力中、また入力済みの数式は、キーボードの[F4]キーで切替えができます。

からだへのプレゼント PR