EXCELブックを保護する

[EXCEL]シートをコピーされないように保護する方法

何も対策していないエクセルファイルはもちろん、「シートの保護」をかけていても、シート単位でまるごと自分のエクセルブックへ「移動またはコピー」がたやすくできてしまいます。

広く活用してもらえる事を歓迎できる場合もありますが、シート間の連携が崩れてしまったり、転用が重なることでデータの信頼性が崩れてしまう事もあり得ます。

このようなシートの転用を防ぐために、「ブックの保護」をかけることによってパスワードを入れなければ再表示できないように設定することができます。

「ブックの保護」という名称ですが、機能はシート操作を禁止するものばかりなので、少々わかりづらいのですが、簡単な操作でデータ保護ができます。

シートのコピーを禁止する方法

ブックの保護をかける手順

①「校正」タブの「ブックの保護」をクリックします。

②パスワードを入力します。(2回聞いて来ます)

③「OK」をクリックすると保護完了、非表示のシートはパスワードがなければ開きません。

ブックの保護の効果

以下7つの「シート操作」ができなくなります。

・シートの挿入

・シートの削除

・シート名の変更

・シートの移動またはコピー

・シート見出しの色変更

・シートの非表示

・シートの再表示