EXCELの集計テクニック

[EXCEL] 座席表の空席数がCOUNTできる(動画あり)

EXCELは「表」づくりを得意としていますので、表を構成する「セル」の数を取得する方法を知っておくと何かと便利です。

セミナー等の「座席表」をエクセルで作成した場合を例に、「空席」=(空白セル)がいくつあるのかを関数を使って取得してみましょう。

セルの数を取得するにはいくつかの COUNT系 関数が用意されていますが、それぞれの役割り特徴を整理するきっかけにもなると思います。

スポンサーリンク




COUNTBLANK関数

COUNTBLANK関数は、指定したセル範囲の「空白セル」の数を求める関数です。

セル範囲は「座席表」のような「行・列」でも指定できます。ただし「飛び飛び」の指定はできません。セルに数式が入っていて、計算結果として “” となっている場合も「空白セル」としてカウントします。

COUNTA関数

COUNTA関数は、指定したセル範囲の「空白以外のセル」の数を求める関数です。

空白以外ということは「数値」も「文字」もすべてです。セルに数式が入っていて、計算結果として “” となっている場合も「空白以外」としてつまり「数式」自体もカウントしますから、計算結果が空白であるかどうか?をカウントしたい場合には不向きです。

COUNTIF関数

COUNTIF関数は、指定したセル範囲の中で「検索条件」に一致したセルの数を求めます。検索条件に「空白」を指定すれば、COUNTBLANK 同様に使えます。

COUNTIF関数の検索条件

「検索条件」を “<>*-*” と指定することで、座席の総数を求めることができます。* (アスタリスク)は「ワイルドカード」と呼び、「すべて」を指定します。”<>*-*” は、- を含まない全てのセルを指します。

範囲の飛び飛び指定

COUNT系関数の中では、COUNTA関数 だけが「飛び飛び」の指定ができます。「出席者名」のセルがどれだけ埋まっているかを求めることができます。

飛び飛び指定の方法

COUNTA( と入力した後、[Ctrl] を押しながら、飛び飛びのセルを指定して行きます。


ポイント解説動画

エクセル屋の解説動画は毎日増えています。「知ってるんだけど確認したい」時に便利なよう、ほとんどが1分以内でナレーション無し-まわりに気兼ねなく何度でもくり返し確認できます。下のボタンからチャンネル登録をお願いいたします。

EXCEL屋動画チャンネル


スポンサーリンク