EXCELの集計テクニック

[EXCEL] チェックボックス☑を作成してレ点を集計したい(動画あり)

EXCELで作成したアンケートを「印刷」して配布してしまうとチェックボックスは使えませんが、最近ではメール添付やファイル共有を使ってアンケートファイルを起動し、回答してもらう機会も増えました。

EXCEL屋では「電書鳩」EXCEL送信・集計メニューを提供しています。

チェックボックスはクリックするだけで回答ができるため、回答者の負担を軽減することができますが、集計側の負担軽減策として、レ点の数が集計できる「チェックボックスの集計方法」について解説いたします。



チェックボックス作成とレ点の集計

やりたいこと

「問1」の5つの質問をチェックボックス式にして、さらにいくつチェックされたのかを「計」のセルへ集計したいと思います。

開発タブを追加する

チェックボックスは「コントロール」メニュー内にありますが、フォームコントロールは標準では表示されていない「開発」タブの中に配置されていますので、「開発」タブを表示するところから解説いたします。

①任意の「リボン」(図では「ホーム)」の上を右クリック「リボンのユーザー設定」を選択。

②右側の「メインタブ」で「開発」を選んで「OK」します。

チェックボックスを設置する

「開発」タブ「挿入」「フォームコントロール」の中からチェックボックス☑をクリックします。

①シート上に挿入すると「チェック1」というタイトルが既定値として入っています。

②「チェック1」を選択し

③消去します。(チェックボックスだけを使用するため)

①チェックボックスを挿入したセルの右下(オートフィルハンドル)を選択

②下側へコピーします。

注)セルの上にかぶさっているチェックボックスではなく、セルを選択したいので隣りのセルをいったん選択しておいて「→キー」等ですべりこませてセル自体を選択します。

チェックボックスとセルの連携

①チェックボックスを右クリック「コントロールの書式設定」を選択します。

②「コントロールの書式設定」ダイアログ「リンクするセル」ボックスへ

③例えば質問の隣の セルD3 を指定し、りんくさせてみましょう。

チェックボックスの ON OFF

レ点の入っているセルは TRUE 、未選択のセルは FALSE が表示されます。

「計」のセルD8へ、TRUE の回答数を集計するため「 =COUNTIF(D3:D7,TRUE) 」を入力します。

(参考)TRUE FALSE は一般の文字列ではなく「論理値」のため “” 「ダブルクォーテーション」で囲む必要はありません。

TRUE 、FALSE が見えないよう、フォント色を「白」にしておきましょう。

完成です

ポイント解説動画


エクセル屋の解説動画はどんどん増えています。「知ってるんだけど確認したい」時に便利なよう、ほとんどが1分以内でナレーション無しなので気軽にご利用ください。チャンネル登録はこちらから → EXCEL屋YouTube

スポンサーリンク