EXCELの関数で問題解決

[EXCEL] IFS関数なら複数条件でもわかりやすい

スポンサーリンク




IFは「分かれ道」に似ています。何ごとも理由があって左右どちらかへ分岐します。「IF関数」の使い方よりも「IFとは分かれ道」というイメージさえ持っていれば、業務改善に結びついた活用ができるようになるはずです。

分かれ道は「右か左」だけではありません、実際には三叉路も四つ角もあるはずです。

「真か偽」2者択一の IF関数 で3者択一を表わすには、まず「1かそれ以外」「それ以外のうち2か3」といった「入れ子」にせざるを得ませんでした。

EXCEL2019 からは IFS関数 が追加され、複数の条件でも「入れ子」ではなく一元的に表現でき、わかりやすくなりました。


↓ 簡単動画からご覧ください。


ポイント解説動画

エクセル屋の解説動画は毎日増えています。「知ってるんだけど確認したい」時に便利なよう、ほとんどが1分以内でナレーション無し-まわりに気兼ねなく何度でもくり返し確認できます。下のボタンからチャンネル登録をお願いいたします。

EXCEL屋動画チャンネル


スポンサーリンク




今まで苦労した「入れ子」方式とは

IF(論理式,IF(論理式,真の場合,偽の場合),偽の場合)
IF(論理式,真の場合,IF(論理式,真の場合,偽の場合))

のように、「真の場合」の部分や「偽の場合」の部分へ次の質問としてIF式を入れることを「入れ子」と呼ばれています。

 

IF(質問,YESの質問,NOの質問)

YESなら「次の質問」を用意して、さらに「YES」「NO」に結果を分岐させることができます。NOのばあいも同様です。

同じような構造体を2重3重に持つ、という意味で「入れ子」と言ったり、IT用語が好きな方は「ネスト」と言ったりしますが、いっそ「マトリョーシカ」のほうがわかりやすいかもしれませんね。

複数の条件を扱えるIFS関数

IFS(論理式,真の場合,…)

論理式の結果に応じて指定された値を返します。
(論理式,値のセットは最大127)

わかりやすく表現すれば

IFS(質問1,YESなら,質問2,YESなら,質問3,YESなら,…)

最後の質問まで Yes がない場合は「エラー」を返すことになりますから注意が必要です。

IF関数とIFS関数で 〇 △ × の判定

①と②は同じ内容を IF関数 と IFS関数 で表した例です。(80点以上=〇、70点以上=△、70点未満=×)

①IF関数で2段階以上の判定をしようとすると「入れ子」にせざるを得ず、わかりにくい式となってしまいます。

②IFS関数の場合は条件式を並べるだけで、わかりやすくなります。

③IFS関数で注意が必要なのは、すべての条件にあてはまらない場合「エラー」となる点です。起こり得るすべての条件を含めておくことが必要です。

(参考)条件式で使える演算子

対極の演算子と組み合わせて見ると、理解が進みます。

演算子 名称 意味 対極は
= 等しい 等しい場合「真」の処理 <>
<> 等しくない 等しくない場合「真」の処理 =
> 大きい より大きい場合「真」の処理 <=
< 小さい より小さい場合「真」の処理 >=
>= 以上 自身を含む以上の場合「真」の処理 <
<= 以下 自身を含む以下の場合「真」の処理 >

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク