EXCELの関数で問題解決

[EXCEL]日付から年月日をばらばらにとり出す方法

エクセル上の日付データは「シリアル値」であるため、そのままでは年月日をそれぞれ数字化できません。「表示形式」を使えば見た目には年月日をばらばらに表示はできるのですが、値としてはあくまでも「シリアル値」のままです。

エクセル上の日付から「年」「月」「日」をばらばらにとり出す方法について解説いたします。

「シリアル値」

「シリアル値」とは日時を計算処理するための数値で、整数部分は日付を表わし、1日24時間を1.0とし、小数点部分は時刻を表しています。たとえば「2019/3/1」というのはシリアル値で表わせば「43525」という数値であって、表示形式を介して日付表示をしているのです。

日付データを8桁の数字に変換する方法

「年」を取り出す

①年を取り出すには「=YEAR(シリアル値)」を用います。

「月」を取り出す

②年を取り出すには「=YEAR(シリアル値)」を使いますが、1桁の月も2桁表示させたいときは、頭に0をつけるため「=RIGHT(“0″&MONTH(シリアル値),2)」とします。

「日」を取り出す

③日を取り出すには「=DAY(シリアル値)」を使いますが、1桁の日も2桁表示させたいときは、頭に0をつけるため「=RIGHT(“0″&DAY(シリアル値),2)」とします。

EXCEL屋 無料活用術その1

働き方改革の名の元、業務時間の短縮を指示されるのに、現場からの無理難題は増える一方!もう投げ出したい(泣)、、、そうなる前に【EXCEL屋】で検索!
まずはコチラをブックマーク

EXCEL屋 無料活用術その2

業務現場で「本当に」役立つEXCEL活用術をメールでお届けします。もちろん無料!
登録はコチラ

EXCEL屋 無料活用術その3

検索したり、いろいろ頑張ったけど、どうしても解決できない問題を【EXCEL屋】が解決します。「成功事例」として記事化OKの場合は「解決料無料!」
コチラから課題をお知らせください