EXCELの関数で問題解決

[EXCEL][令和対応]新元号対策!文字の日付を西暦に変換する関数

まもなく元号が平成から新元号に改元されますが、作成済みエクセル資料やフォーマットに対する新元号対策に苦労されていませんか?

準備を怠ると面倒なことになりそう、でも何をどう準備すれば良いのか見当もつかない・・

エクセル上で日付は「シリアル値」で扱われています。「シリアル値」とは日時を計算処理するための数値で、整数部分は日付を表わし、1日24時間を1.0とし、小数点部分は時刻を表しています。たとえば「2019/3/1」というのはシリアル値で表わせば「43525」という数値であって、表示形式を介して日付表示をしているのです。

DATEVALUE(日付文字列)

「平成31年3月1日」のように、文字列で入力された日付をエクセルが得意としているシリアル値へ変換してくれるのが、このDATEVALUE(デイトヴァリュー)関数です。

改元で真価を発揮してくれるはずですので、ぜひ活用しましょう。

文字の日付を西暦に変換する方法

基本機能

文字列で入力された日付をシリアル値に変換し、西暦表示等が簡単にできます。

よくある日付バラバラ入力

①年月日をバラバラに入力されている場合は、それぞれを「&」で連結します。

②中途半端な西暦入力ですが、変換します。

年月日なしのバラバラ入力

③「平成 & 31 & 年 & 3 & 1 & 日 」と、すべて「&」で連結します。

EXCEL屋 無料活用術その1

働き方改革の名の元、業務時間の短縮を指示されるのに、現場からの無理難題は増える一方!もう投げ出したい(泣)、、、そうなる前に【EXCEL屋】で検索!
まずはコチラをブックマーク

EXCEL屋 無料活用術その2

業務現場で「本当に」役立つEXCEL活用術をメールでお届けします。もちろん無料!
登録はコチラ

EXCEL屋 無料活用術その3

検索したり、いろいろ頑張ったけど、どうしても解決できない問題を【EXCEL屋】が解決します。「成功事例」として記事化OKの場合は「解決料無料!」
コチラから課題をお知らせください