EXCELの関数で問題解決

[EXCEL]ゼロで割ったらエラーが出た

#DIV/0! というエラーよく見ますね!

割り算の場合、分母がゼロの場合の答えはゼロではなく「計算不能」ということを律儀に教えてくれているこのエラー表示、ときにはじゃまに思えることもありますよね。

データがまだ完全でない一覧表の「達成率」の欄のところどころがエラー表示されていて、速報として配布したいけれどこのまま配れば何か言われるかもしれない、どうしよう?などと困る場合もよくあると思います。

ゼロ割りエラーは「IF関数」を使って非表示にできますので解説いたします。

IF関数とは

IF は「もし」です。

IF関数は、「もし~なら、こうしなさい、ちがうならこうしなさい」というように判定によって結論を分けたい時に使い、条件によって別けることから「条件分岐」と呼ばれています。

IF(論理式,値が真の場合,値が偽の場合)

ゼロ割りに応用する場合は「もし分母がゼロなら答えは非表示にしなさい(ゼロ以外なら計算)」とすれば良いわけです。

IF(分母=0,””,分子/分母)

IF関数でゼロ割り回避

①分子/分母で分母がゼロの場合、このようなエラーが出ます。

②分母がゼロの場合は結果は””を表示、ゼロ以外は計算する、という式で解決です。