EXCELの関数で問題解決

[EXCEL]シート番号を取得して目次に使えるSHEET関数

エクセルのワークシート番号は左から順に1,2,3,と付けられています。

目次に「シート名」と「ページ」を表示する時、関数を使って「ページNO」(シート番号)を取得できますのでご紹介いたします。

手入力ではなく関数を使うメリットは、ワークシートの順番を入れ替えた際に目次のページも連動する点です。わかりやすく、というねらいから「目次」を例にあげて解説しますが、もちろん「シート番号取得」なら他にも応用できます。

後半は、目次から各シートへのリンク設定について解説いたします。

シート番号を取得して目次に表示

ワークシート名の右隣の列へページを表示したいと思います。

①下図の場合「=SHEET(“2016年度”)」とすればページは正しく「3」と表示されますが、「=SHEET(B5)」とセル参照形式にすると、参照先セル(B5)が所属するシート番号が、つまり目次のページ「1」返されます。

②参照形式にしたい場合、文字列を返すT関数を使って「参照先のセル情報」ではなく「”2016年度”」という文字列そのものに変換します。「TEXT(参照先,0)」でもOKです。

リンクを設定する

ページ番号をくりっくすると、そのページが開く「ブック内リンク」を設定します。

③対象ページのセルを選択しておきます。

④「挿入」タブ「リンク」「リンクを挿入(I)」をクリックします。

⑤「このドキュメント内(A)」を選択します。

⑥リンク先セルを指定できます。

⑦リンク先シートを選択します。

⑧アンダーラインと文字色が青に変わり、リンクが設定されました。

EXCEL屋 無料活用術その1

働き方改革の名の元、業務時間の短縮を指示されるのに、現場からの無理難題は増える一方!もう投げ出したい(泣)、、、そうなる前に【EXCEL屋】で検索!
まずはコチラをブックマーク

EXCEL屋 無料活用術その2

業務現場で「本当に」役立つEXCEL活用術をメールでお届けします。もちろん無料!
登録はコチラ

EXCEL屋 無料活用術その3

検索したり、いろいろ頑張ったけど、どうしても解決できない問題を【EXCEL屋】が解決します。「成功事例」として記事化OKの場合は「解決料無料!」
コチラから課題をお知らせください