EXCELの検索テクニック

[EXCEL] フィルターで絞り込むと最大値の行を着色する(動画あり)

EXCELが持つたくさんのメニューは単独で使うことが普通ですが、組み合わせて使うことで新しい効果を生み出すこともあります。

中でも「オートフィルター」と「SUBTOTAL関数」の組み合わせは、絞り込んだデータの「合計」を求めることができる ナイスコンビ と言えるかもしれません。

SUBTOTAL関数 は「合計」ばかりが重宝されていますが、「合計」以外にも様々な集計をこなす多才な関数です。SUBTOTAL関数 の多才さと組み合わせの一例として「最大値」の行に色を付ける方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク





まずは動画で動きをご覧ください。

ポイント解説動画

エクセル屋の解説動画は毎日増えています。「知ってるんだけど確認したい」時に便利なよう、ほとんどが1分以内でナレーション無し-何度でもくり返し確認できます。下のボタンからチャンネル登録をお願いいたします。

オートフィルター と SUBTOTAL

絞り込んだ結果の「合計」をその都度計算してくれるので便利なのですが、「SUBTOTAL関数」には「合計」以外にも様々な集計ができます。

①セルに =SUBTOTAL( まで入力したところで集計方法のダイアログが表示されます。

②よく使う「合計」は11種類の集計方法のうちのひとつであることがわかります。今回は「4-MAX 最大値」を使ってみましょう。式 =SUBTOTAL(4,C4:C12)

絞り込んだ中での「最大値」

①フィルターが全開の場合、全販売数のうち最大の 612 が表示されています。

②「京都支店」に絞り込むと、京都支店の中の最大値 261 に変わりました。しかし結果は「数値」なので結局この 261 はどこの数値なのかは探さないとわかりません。SUBTOTALの「合計」ばかり重宝される理由がわかります。

最大値の行に色を付ける

「最大値」の場合、欲しい結果は数値だけでなく「どのデータ」なのかであるので、対象の行に色を付けることにします。

①データ範囲を選択しておき

②「ホーム」タブ「条件付き書式」「新しいルール」を選択します。

①「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択。

②式 =$C4=SUBTOTAL(4,$C$4:$C$12)

③「OK」ではなく「書式」をクリックします。

④「塗りつぶし」タブを選び、行を塗りつぶす色を指定して「OK」

フィルターで絞り込むと

①フィルターが全開の場合、全販売数のうち最大の 612 の行が塗りつぶされました。

②「京都支店」に絞り込むと、京都支店の中での最大値 261 の行が塗りつぶされました。

②「商品A」に絞り込むと、商品Aの中での最大値 568 の行が塗りつぶされました。

(参考)集計方法

集計方法 機能 関数では
1 平均値 AVERAGE
2 数値の個数 COUNT
3 データの個数 COUNTA
4 最大値 MAX
5 最小値 MIN
6 PRODUCT
7 不偏標準偏差 STDEV.S
8 標本標準偏差 STDEV.P
9 合計 SUM
10 不偏分散 VAR.S
11 標本分散 VAR.P

 

スポンサーリンク