EXCELの文字列操作を手際よく

[EXCEL]日付を8桁の数字に変換する方法

エクセル上では日付は「シリアル値」で扱われています。

「シリアル値」とは日時を計算処理するための数値で、整数部分は日付を表わし、1日24時間を1.0とし、小数点部分は時刻を表しています。たとえば「2019/3/1」というのはシリアル値で表わせば「43525」という数値であって、表示形式を介して日付表示をしているのです。

でも場合によって「2019/3/1」を「20190301」というような8桁の数字に変換したいこともありますよね。

そこで今回は「シリアル値」から、年月日を取り出して桁数をそろえる方法について解説いたします。

日付データを8桁の数字に変換する方法

「年」を取り出す

①年を取り出すには「=YEAR(シリアル値)」を用います。

「月」を取り出す

②月を取り出すには「=MONTH(シリアル値)」を使いますが、頭に0をつけて2桁表示にするため「=RIGHT(“0″&MONTH(シリアル値),2)」とします。

「日」を取り出す

③日を取り出すには「=DAY(シリアル値)」を使いますが、頭に0をつけて2桁表示にするため「=RIGHT(“0″&DAY(シリアル値),2)」とします。

「年」「月」「日」を連結する

④それぞれを「&」で連結すると、常に8桁の数字を表示します。

ひとつの数式にまとめると

⑤「年」&「月」&「日」というように、数式を「&」でつなげます。

「=YEAR(B2)&RIGHT(“0″&MONTH(B2),2)&RIGHT(“0″&DAY(B2),2)」