EXCELの入力規則を極める

[EXCEL]指定された項目のみ入力可能にする方法

複数の決まった項目のどれかを入力する場合、入力規則のリスト機能を使うとデータの入力ミスを防ぐことが出来ます。

選択肢が少ない場合は直接リストの値として登録します。

入力規則はデータ入力後、Enterを押したときにチェックを行うため、入力済みのセルに対して入力規則を設定してもエラーになりません。

入力規則のリスト機能で指定の項目をドロップダウンリストで選択できるようにする

1.入力規制の範囲を選択します

2.「データ」タブ「データの入力規則」ボタンをクリックします

3.[データの入力規則]ダイアログボックスが開きます
「設定」タブの「入力値の種類」→「リスト」を選択します

4.次に「元の値」の欄に選択する項目を入力します

 

ドロップダウンボタンが表示されて、項目が選択できます

ドロップダウンボタンをクリックすると項目が一覧表示されます

項目を選んでクリックするとセットされます

リストの項目以外を入力するとエラーになります