EXCELの入力規則を極める

[EXCEL]入力規則でオリジナルのエラーメッセージを表示したい

データの入力規則で数値の範囲や文字の長さなどを設定し、セルにデータを入力した後、Enterキーを押すと設定したデータの範囲外であれば、標準のエラーメッセージが表示されて再入力が促されます。

表示されたメッセージを入力データによってわかり易いメッセージに変えたり、エラーとはせずに注意を促すだけにしたりとエラーの制御を自分で変えることができます。

入力エラーメッセージは、データを入力する前に入力規則の制限とともに設定しておきます。間違ったデータが入力された後に設定してもセルの値を制限することはできません。

標準のエラーメッセージ

エラーのパターンは以下の3パターンが設定できます。

停止のメッセージ

注意のメッセージ

情報のメッセージ

設定方法は、エラーメッセージを表示したい範囲を選択して、「データ」タブ「データの入力規則」ボタンをクリックします。

[データの入力規則]ダイアログボックスが開くので、スタイルから「停止」、「注意」、「情報」のいずれかを選択し、タイトルとエラーメッセージを入力して「OK」すると設定できます。(タイトルは任意)