EXCELのセルを保護する

[EXCEL]一部のセルだけ保護する方法

シートの保護は「セルのロック」と「シートの保護」がセットで機能します。「セルのロック」はセル単位、「シートの保護」はシート単位です。

セルのデータや計算式を誤って消すことのないように、一部のセルだけを保護するには、保護しないセルのロックを外してから、シートの保護を設定する必要があります。

保護するセルが少ない場合は、いったんワークシート全てのセルのロックを外してから保護したいセルだけロックする方が簡単です。

ロボットには職場を奪われたくない!人間優先のエクセル業務情報発信中「エクセル屋マガジン」(無料)  登録はこちら→
人生を変えるEXCEL成功術

いつものエクセルに「送信」「集計」ボタンを付けるだけでペーパーレス完了!
エクセル・ペーパーレス事例
送信・集計ボタンの取り付け方

エクセル・ペーパーレスを今なら無料で使える
こちらへ無料登録

しんどすぎるエクセル業務を正常化、地位向上へのお助けサイト
https://pro.excel-komarigoto.com

印刷禁止等EXCEL自動化ファイルプレゼント(無料)
EXCEL屋への質問ページ(回答無料)

全てのセルのロックを外す

ワークシートの行番号と列番号が交差するところをクリックするとワークシート全体が選択できます。(下の図「赤丸」部分)

[Ctrl]+[1]でセルの書式設定ダイアログボックスを呼び出して、保護タブにあるロックのチェックを外します。これで全セルのロックが外れましたので、この状態でシートの保護をかけても保護はされません。

保護したいセルをロックする

次に保護を設定したいセルのみを選択して、ロックをチェックします。これによりシートの保護をかけた場合、チェックを入れたセルだけ保護が有効となります。

シートの保護を設定する

「校閲」タブの「シートの保護」ボタンをクリックします。

シートの保護ダイアログボックスが表示されます。

パスワードを入力するとシートの保護を解除するときに必要です。

「OK」をクリックするとシートの保護が設定されます。

保護されたセルに入力するとエラーメッセージが表示されます

EXCEL屋 無料活用術その1

働き方改革の名の元、業務時間の短縮を指示されるのに、現場からの無理難題は増える一方!もう投げ出したい(泣)、、、そうなる前に【EXCEL屋】で検索!
まずはコチラをブックマーク

EXCEL屋 無料活用術その2

業務現場で「本当に」役立つEXCEL活用術をメールでお届けします。もちろん無料!
登録はコチラ

EXCEL屋 無料活用術その3

検索したり、いろいろ頑張ったけど、どうしても解決できない問題を【EXCEL屋】が解決します。「成功事例」として記事化OKの場合は「解決料無料!」
コチラから課題をお知らせください