EXCELのセルを保護する

[EXCEL]せっかく作成した数式や関数を誤って消したくない!

Excelで作成された見積書や納品書、社内で使用する統一フォーマットを複数の人が使用する場合、書式の編集や計算式が設定されているセルを変更できないようにしておくと書類のミスが減り、データの管理がスムーズになります。

シートの保護をかけるとセルを編集したり、入力したりすることはできなくなります。

無条件にシートを保護してしまうと全てのセルが保護されてしまうので、入力が必要なセルは保護がかからないように、ロックを解除しておく必要があります。

シートの保護(全てのセルを入力不可にする方法)

「校閲」タブの「シートの保護」ボタンをクリックします。

シートの保護ダイアログボックスが表示されます。

パスワードを入力するとシートの保護を解除するときに必要です。

「OK」をクリックするとシートの保護が設定されます。

 

シートの保護が設定されていてもチェックした操作は可能となります。

 

保護されているセルに何か入力しようとするとエラーメッセージが表示されます。

「ロックされたセル範囲の選択」のチェックをはずすとセルをクリックしても選択できなくなります。

注)ダブルクリックするとエラーメッセージが表示されます。

こちらでは部分的に入力可能なシートの保護の方法を紹介します