EXCELでユーザー定義を活用する

[EXCEL] 曜日で罫線の色が変わる表(動画あり)

業務には「日付」同様「曜日」も重要な要素ですが、EXCELには「曜日」を表現する機能がたくさん用意されています。

入力した日付に「曜日」を直接表示させる「セルの表示形式」、日付から「曜日」を数値で判定できる「WEEKDAY関数」等がありますが、「条件付き書式」も多彩な機能を持っています。

「条件付き書式」と「WEEKDAY関数」を組み合わせて使うことで、入力された日付の「曜日」によって、表の「罫線の色」を変えてしまう方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク




報告フォーマットの罫線色を変える

サンプル表

「日報」の日付が「土日」のものはひと目でわかるように、罫線の色を変えたいと思います。

条件付き書式の設定

①罫線が引かれているセル全体を選択します。

②「ホーム」タブ「条件付き書式」から「新しいルール」をクリックします。

土曜日の設定

「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択し、「土曜日」を指定する式を入力します。

①土曜日を指定する式 =WEEKDAY($E$1)=7

②「OK」ではなく「書式」ボタンをクリックします。

③セルの書式設定「罫線」タブで、まず「色」を先に指定します。

④「罫線」のスタイルと位置を指定し「OK」します。

日曜日の設定

曜日が変われば、あらためて「条件付き書式」から「新しいルール」を作成します。「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択し、「日曜日」を指定する式を入力します。

①日曜日を指定する式 =WEEKDAY($E$1)=1

②「OK」ではなく「書式」ボタンをクリックします。

③セルの書式設定「罫線」タブで、まず「色」を先に指定します。

④「罫線」のスタイルと位置を指定し「OK」します。

ポイント解説動画

エクセル屋の解説動画は毎日増えています。「知ってるんだけど確認したい」時に便利なよう、ほとんどが1分以内でナレーション無し-何度でもくり返し確認できます。下のボタンからチャンネル登録をお願いいたします。


スポンサーリンク