EXCELで自動化

[EXCEL](自動化)他のブックを読み込む

自動串刺し集計

「記録」ボタンを押してから・・・「記録終了」ボタンを押すまでの間に行った操作を記録してくれる、録音機能と同じ機能をマクロと呼んでいます。

特別な知識などいっさい必要ありません!覚えることは「記録」ボタンと「記録終了」ボタンを押すことだけです。

複数のブックを取り込んで集計する

今開いているエクセルブックから、パソコンに保存してある他のエクセルブックを開いて、データを取り込む、という作業を完全自動化してみましょう。

まず記録開始!

①リボンの「表示」タブをクリックします。

②右端「マクロ▼」をクリック「マクロの記録(R)」をクリックします。

③「マクロ名(M)」が自動表示されますが、自由入力もできます。

④「OK」ボタンを押すと同時に記録を開始します。

記録する手作業

⑤デスクトップに保存しておいた「data.xlsx」をダブルクリックして開きます。

⑥取り込むシートの「行列が交差する部分」を右クリック&コピーします。

⑦「data.xlsx」を✕で閉じます。

⑧記録中のブックに戻って「行列が交差する部分」を右クリック&貼り付けます。

⑨「data.xlsx」のデータが取り込めました。

記録終了

⑩リボンの「表示」タブをクリックします。

⑪右端「マクロ▼」をクリック「記録終了(R)」をクリックして終了します。

記録した動作を自動実行してみる

⑫先ほど手で実行した痕跡をクリアします。自動実行を確認するためです。

⑬リボンの「表示」タブをクリックします。

⑭右端「マクロ▼」をクリック「マクロの表示(V)」をクリックします。

⑮「マクロ名(M)」が表示されます。複数あれば実行するものを選択して

⑯「実行(R)」をクリックします。

⑰記録された操作が実行されました。

今回は一例です、様々な作業に応用できます。

会社の基幹システム等から、エクセルでデータ供給されるケースはよくありますが、システム側の都合で排出される定型データを、分析可能な帳票へ加工するのは人間の作業です。毎回繰り返している辛い単調な作業のうち、今回はデータ取り込み部分を自動化しました。