業務に役立つVBA

[EXCEL]VBAモジュールの種類と追加方法

VBAは「モジュール」を追加して、モジュールごとにコードウィンドウを切り替えて、処理の実行単位である「プロシージャ―」を記述します。

「モジュール」は「プロシージャ―」を書き込むための場所、またはノートのようなものとイメージすると理解しやすいと思います。「モジュール」の種類によって書き込める内容が違ってきます。種類とは「Microsoft Excel Objects」「フォーム」「標準モジュール」「クラスモジュール」の4種類です。

モジュールの種類と追加方法

Microsoft Excel Objects

①エクセルのブックとシートの数だけ自動生成されます。

②「オブジェクトボックス」で「Worksheet」を選択すると、

③「プロシージャ―ボックス」に「イベントプロシージャ―」のリストが表示されます。

④「SelectionChange」を選択した例です。エクセルシートでセルを選択(クリック)すると、ここに記述されたコードを実行します。

フォーム

⑤「挿入」タブ「ユーザーフォーム(U)」をクリックします。

⑥「フォーム」「UserForm1」が追加されました。

標準モジュール

⑦「挿入」タブ「標準モジュール(M)」をクリックします。

⑧「標準モジュール」「Mojule1」が追加されました。

(参考)クラスモジュール

⑨「挿入」タブ「クラスモジュール(C)」をクリックします。

⑩「クラスモジュール」「Class1」が追加されました。