EXCELそれを早く言ってよ!

[EXCEL]シートの保護って何?それを早く言ってよ!

セルに書き込んだ数式やデータを消されたり改ざんされないように「シートの保護」をかけることができますが、「おやっ?」と思う方が多いようです。

セルの内容を保護したいのに、なぜ「シートの保護」という名前がついているの?

それをはやく言ってよ!

読めば読むほどわけがわからなくなってしまうエクセルの解説に待った!
エクセル屋がスッキリ解決いたします。

1)シートの保護はシート単

「シートの保護」はシート単位で保護をかけたり、はずしたりできる

「シートの保護」その名の通りシート単位なのですが、「□シートとロックされたセルの内容を保護する(C)」という項目にチェックが入っています。

最初からチェックが入っているので「ロックされたセルの内容を保護する」という意味であるのと同時に、言い換えれば「ロックされていないセルの内容は保護しません」という意味でもあります。

(2)セル毎に保護をかける・かけないを設定できる

シートの保護=「セルのロック」✕「シートの保護」

セルの内容を保護するためには、(1)セルにロックをかけてから(2)シートの保護をかける、という2段階を踏まなければならないのです。

1シートには膨大な数のセルが存在しますが、全部のセル毎に保護をかけるのか、かけないのかを設定できるという、ちょっと予想外の機能がややこしくしているようです。

(3)いちいち「セルのロック」をかけるの?

初期値は全セル「セルのロック」がかかっている

「セルのロック」をかけなくても、「シートの保護」アイコンをクリックしておけば、とりあえず保護はできているのは何故?と不思議に思われるかもしれませんね。

いちいち全セルに「セルのロック」をかけなくとも、初期値は全セルともロックがかかっているから「シートの保護」の操作だけで、全セルの保護が有効になります。

もし保護をかけたくないセルがあるのなら、「セルのロック」を外した上で「シートの保護」をすれば良いのです。