EXCELおしゃれなテクニック

[EXCEL] 値入りセルの中にミニグラフを表示する方法

エクセルで個人成績や支店別成績などの一覧表を作成することはよくあると思います。

淡々と数値が並んでいるだけでは成績の良し悪しを比較把握するのがたいへんだ、という理由で、せっかく作成した資料を正しく活用してもらえなかったり、見る人によって評価に差が出たりと、いろいろ問題も出てきます。

そこでセルに着色したり、関数で順位を付けたり集計表を「正確に見てもらう工夫」という付加サービスを付け加えることになるわけですが、これらの作業よりも圧倒的に「手軽」で「見栄えの良い」エクセルならではの便利機能がありますのでご紹介します。

セル内に数値を評価するアイコンを表示する「アイコンセット」と、同じくセル内にミニグラフを表示する「データバー」の2つの機能で、エクセル2007以降登場しましたが、セルの着色に比べても操作が簡単なわりに表の説得力は増すこと間違いありません。

セルの中にグラフを表示する方法

「担当者別売上一覧」の売上実績のセル内へミニグラフを表示しましょう。

アイコンセット

①対象セル範囲を選択します。

②「ホーム」タブの「条件付き書式」をクリックします。

③「アイコンセット(I)」をクリックします。

④ここでは「4段階グラフ」を選択しました。

「売上」各セル内へミニグラフが表示されました。選択セル間の評価は自動で行ってくれます。

データバー

⑤対象セル範囲を選択、「条件付き書式」「データバー(D)」をクリックします。

⑥サンプルの中から選択して完了です。

「売上」各セル内へミニ棒グラフが表示されました。

クリア方法

⑦「条件付き書式」「ルールのクリア(C)」「選択したセルからルールをクリア(S)」で条件付き書式がクリアされ、グラフは表示されなくなります。

 

 

 

スポンサーリンク