EXCELおしゃれなテクニック

[EXCEL]おしゃれな装飾文字ワードアートの使い方

本格的ではなくとも、エクセルでちょっとした冊子資料を作成する場合、表紙やタイトルくらいは少々装飾を施したいこともありますよね。

そんな時簡単で便利な装飾文字「ワードアート」機能をご紹介いたします。

堅苦しくなりがちなエクセル資料が、ちょっと手を加えるだけでおしゃれに変身しますよ!

ロボットには職場を奪われたくない!人間優先のエクセル業務情報発信中「エクセル屋マガジン」(無料)  登録はこちら→
人生を変えるEXCEL成功術

いつものエクセルに「送信」「集計」ボタンを付けるだけでペーパーレス完了!
エクセル・ペーパーレス事例
送信・集計ボタンの取り付け方

エクセル・ペーパーレスを今なら無料で使える
こちらへ無料登録

しんどすぎるエクセル業務を正常化、地位向上へのお助けサイト
https://pro.excel-komarigoto.com

印刷禁止等EXCEL自動化ファイルプレゼント(無料)
EXCEL屋への質問ページ(回答無料)

おしゃれな装飾文字ワードアートの使い方

①リボンの「挿入」タブをクリックします。

②表示先セルを選択して「テキスト▼」をクリックします。

③「ワードアート▼」をクリックします。

④サンプルメニューから好きなものを選んでクリックすると

⑤シート上に「ここに文字を入力」が作成されます。

⑥タイトル等を入力して、標準スタイルで良ければいったん完了!こんなに簡単です。

(ここで「挿入」タブ右端の「Ω記号と特殊文字」を挿入することも可能です。)

いったん作成したワードアートは、あとから様々な加工を施すことができます。以下は「文字の効果」メニューで加工した例です。

文字の効果応用例

⑦編集モード時に出ている「描画ツール」タブをクリックします。

⑧「文字の効果▼」をクリックします。

⑨「変形(T)」をクリックします。

⑩サンプルから好きなスタイルを選択します。

⑪指定のスタイルに編集完了!