ドロップダウンリスト

[EXCEL] ドロップダウンリストの日付を常に直近1週間に(動画あり)

今まで手書きだった「申請書」「報告書」を EXCEL で作り直すことはよくあると思います。

手書きの欠点は「重複」や「洩れ」などを前もって防止できないところですね。EXCEL はその点「入力中」に様々な防止策を仕込んでおいて、入力ミスやルール違反を防止できるところです。

せっかく EXCEL化 するなら、手書き時代に困っていた事を解決するようなフォーマットにしたいですね。

スポンサーリンク




直近1週間の日付以外入力できなくする

手書き時代、ルール上は「1週間以内に限る」と決められているのに、守られることがなかった「出張費報告」をEXCEL化 するにあたって、ルール外の日付は入力できないようなフォーマットにしようと思います。

やりたい事

「日付」の入力セルは自由入力ではなく、常に「直近1週間以内の日付」以外は選ぶことができないようにしたいわけです。

日付テーブルを作る

①直近1週間の「日付」を作り出すため、新しいシート「日付」シートを追加します。

②セルA1 へ今日の日付を返す「 =TODAY() 」 を入力します。

①セルA2 へ「 =A1-1 」を入力します。

②セルA8 までコピーしてテーブルを完成させます。

ドロップダウンリストの設定

①「日付」入力セルを選択して

②「データ」タブ「データの入力規則」アイコンをクリックします。

③「条件の設定」で「リスト」を選択して「OK」

日付テーブルを指定

①「元の値」入力ボックスにカーソルを置いた状態で

②「日付」シートを選択して

③日付テーブル A1 ~ A8 を選択「OK」します。

ドロップダウンリストはコピーが可能です。作成したセルを必要なところまでオートフィルでコピーして設定完了です。

完成

毎日日付が更新されるドロップダウンリストが完成しました、常に「直近1週間以内の日付」以外は選ぶことができないようになっています。

日付シートを非表示に

念のために「日付」シートは、シートタブ上を右クリック「非表示」にしておきましょう。

ポイント解説動画

エクセル屋の解説動画は毎日増えています。「知ってるんだけど確認したい」時に便利なよう、ほとんどが1分以内でナレーション無し-何度でもくり返し確認できます。下のボタンからチャンネル登録をお願いいたします。

スポンサーリンク